お知らせ

ミドル世代の婚活事情

華やかな時代と、その後

ミドル世代、アラフォー世代は、華やかな時代と、その後の平成不況を同時に味わい、様々な経験をした世代。バブルの気楽さから一転、厳しさや辛さの中で、ミドル世代は仕事に家庭にと生き抜いた人が多い中で、結婚や家庭に寄せる思いもひとしお、という人も多いようです。

大きなターニングポイント

心身ともに、40歳は大きなターニングポイントとなる歳です。40歳を期に、男女ともに体力の衰えや体の調子の変化を感じ、「もう若くないな」という気持ちになる人が多いようです。家庭や仕事でも最も忙しい時期から一段落し、精神的にもふと「このままでいいのかな…」と考えることも。

おしゃれなミドル世代が人気‼

現在では40代の男女ともに若々しく健康的なおしゃれなミドル世代が人気です。50代、60代というこれからの人生を見据えた上で、改めて婚活をされるケースが増えています。

ミドル世代は人生経験も豊富‼

40代・アラフォーともなると、人生経験も豊富になってきます。ミドル世代の中には、離婚を経験した人や、まだまだ子育て中という人も多いはず。若いころのようにあれも、これもと考えていたのでは、婚活の成功は難しくなってきます。

40代ミドル世代の婚活では、「バツイチOK」や「子持ち・子連れOK」といった、事情を理解してくれる人との出会いが大切です。婚活バスツアーやお見合いパーティーの中には、離婚経験者向けのものや、子持ち・子連れ再婚を目指す人専門の企画も多数あります。

子供のことや仕事のこと、家族のことなど、自分のこと以外にも忙しいのが40代ミドル世代。お互いの役割や大変さを理解し合い、更に共に過ごしていこうと思える人との出会いを、多くのミドルが求めています。

大切にしたいことや、これから希望したいことを考え、婚活スタイルを選んでいきたいですね。

楽しめる時間はたっぷり‼

平均寿命が80歳を越え、人生90歳~100歳とも言われている今、ミドル世代はちょうど人生の折り返し地点。婚活して結婚し、結婚生活をスタートしたとしても、二人の時間を楽しめる時間はたっぷりあります。

今までの人生と、これからの人生を見渡すことが出来るのが、40代ミドル世代の特徴です。離婚をした人、仕事一筋で来た人、恋愛とは無縁だった人…。どんな人も、中年を迎えてからのシフトチェンジが可能です。

ミドル世代から婚活をスタート‼

40代ミドルから婚活をスタートし、結婚して共に働きながら豊かな老後を目指す人。夫婦で旅行やレジャーをドンドン楽しむ、という人。中年から人生を大きく変えた人はたくさんいます。

ライフスタイルが多様化する今、ミドルは十分に若い世代です。「もうオジサン(オバサン)だから…」と弱気にならず、これからの人生を素敵なものにするために、婚活をスタートしてみましょう。

ミドル世代、婚活のすすめ

ミドル世代におすすめの婚活方法

「結婚したいと思っている人に出会う」ということ。


普段の生活ではなかなか出会うチャンスがない40代、50代。「から結婚なんて」と後ろ向きに考えず、まずは自分と同じ悩みを抱え、結婚に踏み出したいと思っている人に出会うことが先決です。


パーティーに参加してみませんか‼

お見合いパーティーや婚活イベントでも、「アラフォー世代限定」や「アラフィフ世代歓迎」といった名前のついたところに参加すれば、結婚したい人と出会えます。同じく婚活を頑張る人に出会うことで、「40代から結婚したい人もたくさんいるんだ」とか「50代から婚活するのもいいな」と結婚へのモチベーションも上がってきます。

まだまだ仕事が忙しいミドル世代も多いことと思いますが、婚活の時間を毎日の息抜きとして、楽しみながら婚活することをおすすめします。

ちょっとドレスアップしてゆったりした気分で参加する、船の上でのクルージング婚活パーティーもいいですね。


次の休日は出かけしませんか‼

休日の婚活イベントで渓谷をトレッキング。リラックスして婚活することで自然な会話や笑顔が生まれ、良い出会いにつながります。

40代、50代の中には、異性へのあこがれやときめきといった感情を忘れていたという人もいるかもしれません。「10年ぶりにデートができて嬉しい」とか「久しぶりに女性とゆっくり話しあえて楽しい」など、婚活で異性と出会うことで気持ちを取り戻すことが出来ます。異性と接することで感じられる喜びや楽しさなども、是非婚活中に楽しんでほしいものです。


婚活を楽しみましょう‼

迷いながら頑張った20代、30代を終えて本物の大人になるのがミドル世代。出会いのなさや結婚への不安から出会いを焦ってしまっては、せっかくの婚活が台無しです。

婚活は楽しみの一つと考え、その上で素敵な出会いがあることを期待しながら落ち着いた婚活をしていきたいですね。


結婚相談所での出会いなら、ミドルエイジに向けたお見合いパーティーや婚活イベントが豊富にあり、同世代の独身者と知り合うことができます。

アンエンカウンターがあなたの婚活応援します!

まずはお友達作りから、そして生涯のパートナーへ

少年期、思春期、青年期と、ひたすらに人生を歩んできた後、訪れるシニア・熟年世代。平均寿命が80歳を越えた今、中高年(シニア・熟年)からの人生こそ、自分らしさや生き方を求められる時代といえます。

人生の真の自由が訪れる中高年(シニア・熟年)世代は、一方で老いや病気、介護のリスクとも向きあわなければなりません。婚活するということは、新たな家族を迎える責任を追うことでもあります。

婚活を通じ、出会った人に負担をかけないためにも、この先の人生に必要なお金や、病気や介護に必要な保険金、万が一の時に備えた相続や遺産について再確認しておくのも良いことです。

長い人生の中で、様々な経験をし、いろいろな思いを抱いたからこそ、最期まで充実した人生を送りたい。多くの中高年(シニア・熟年)世代たちが、そんな思いを抱いています。

「独りぼっちではいやだ」「誰かと共に過ごしたい」と感じるのは、人としてとても素直な感情。

まずはお友達作りから、「結婚」という固定観念にとらわれない、生涯のパートナー探しをはじめてみましょう。

40歳~50歳男性『結婚したい』本音は?

  • 今はまだいいが、老後や病気にかかった時の事を思うとやはりパートナーが欲しいなとは思う。
  • 正直一人暮らしの自由さが捨てられない。でも、ひとりでコンビニ弁当食べたり、風邪をひいた時とか「ひとりはつらいな、淋しいな」と弱気になる。
  • やはり子供が欲しいと思うようになってきたし、家族がいれば何かもっと違う人生が待っているように感じている。でもシングル歴が長くて、特に不便も感じないし、結婚相手も簡単に見つからないから…。
  • お金とか時間とかひとりのほうが自由になるからいいと思う反面、孤独死のニュースなどを見ると不安が増す。
  • 別に結婚を拒否してたわけではない。ただ単純に結婚したいと思うような女性と出会えていないだけ。そもそも40歳を越えてからは女性との出会いそのものがない。
  • 結婚はしたいとずっと思っているがチャンスに恵まれない。実は社会人になってから女性とつき合ったこともない… 。

こうして見ると、全く結婚を考えてない、結婚したくないと思っている人は少なくて、「結婚したい」「結婚してもいいかなと思う」ぐらいの人も含めば、大多数が人生のパートナーを求めているようです。

印象としては、既にライフスタイルも確立しており、「結婚がイヤなわけじゃないけれども」あえて自分から動いて交際相手を探そう、結婚相手を見つけようという前向きな気持ちが少ないようですね。

お仕事も充実しており疲れも溜まって、ついつい婚活することに億劫になっているのかもしれません。

でも、それではいつまで経っても結婚出来ません。

結婚を本気で望むなら、

「アンエンカウンター」との出会いに勇気を持って一歩踏み出して下さいね!

真剣に結婚したい!婚活をがんばっている20~30代の人へ

あなたをとことん応援するのが私の役目だから何としてでもご縁に繋げてあげたい!
これからの日本はとても厳しい時代
そんな時代を支えて生きていくあなた
あなたが結婚して子どもを授かり、
家族が幸せに暮らしていける環境を作っていけるように
そんなあなたを応援します!


磨くポイントは?
若いからこそ、内面的なことをもっと磨こう!
  1. 笑顔を絶やさない
  2. 女は愛嬌と昔からいいますが、やっぱり大事なのは笑顔! どんなにキレイな人でも無愛想な顔はNGです。ニコニコしているだけで、結婚後「温かい家庭になりそう」なんて妄想をかきたてることもあるそうですよ。

  3. 金銭感覚がしっかりしている
  4. ケチはいやですが、派手にお金を使っている女性を見ると「お金がかかりそう」と敬遠してしまうのが男性の本音。食事にいくときには、あまり高くないお店に誘ったり、公園やお散歩などお金のかからないデートを提案したり。またおしゃれにお金を使いすぎるのもNG。ひとつのアイテムを上手に着まわしている女性が高ポイント。

  5. ポジティブ思考である
  6. 前向きな考え方も結婚したい女性の条件に挙がっています。男性って意外とネガティブになりがち。仕事でいやなことがあったとき「大丈夫、上手くいくよ!」と明るくはげましてくれると頑張れそうな気がするそうです。逆にグチが多かったり、ネガティブなことを口にしたりすると結婚リストからはずれちゃいます!

まとめ

いかがでしたか? 「アラサーになったら外見磨きだけじゃダメ!」というのが男性の本音のようです。笑顔・金銭感覚・ポジティブ思考。簡単だからこそ忘れやすい3つの条件、今日から心がけてみてはいかがでしょうか?


男性の結婚相手の理想の女性とは

  1. やりたいことを全力で応援してくれる
  2. もしも、やりたいことがあるから今やっている仕事を辞めたいと話しても、「そうなんだ、心配しないで、あなたなら大丈夫!」と言って背中を押してくれるような、やりたいことを全力で応援してくれる女性。なかなか状況がよくならないとしても支えて欲しいものです。

  3. 情熱をもって行動している
  4. モチベーションがあがる偉人の名言をシェアしているだけでなく、目標に向かって情熱をもって行動する女性。カップルで一緒にもつ目標もあれば、それぞれ違う目標をもっていることも。

  5. 自分の時間を過ごすのも好きなこと
  6. カップルで一緒に過ごすことも大好きだけど、それと同じくらい自分一人や友人と一緒に出掛けることが好きな女性。お互いに好きなことに時間を上手に使うことができることが理想的なのです。

  7. ダメな部分も受け入れてくれること
  8. コミュニケーションがうまくなかったり、頑固ものだったりしてもそれを受け入れてくれる女性。小さなことにくどくどと文句を言い続けるのではなく、許容範囲を広くして、ちょっとしたことは忘れてくれる…

    そんな人を求めているのです。

  9. 価値観を共有してくれること
  10. ときには価値観の違いで言い合いになることもあります。でもその言い合いをへて、お互いに歩みより、価値観を共有できるような女性。

    結婚したばかりで2人だけのときはよくても、子どもができたときに価値観が共有できないとなると、だんだんと歩みよりが難しくなってくるからです。

  11. 自分の意見や考えを言ってくれること
  12. 思っていることを隠さずお互いに言い合えることこそ、健康的な関係といえます。自分の言いたいことを我慢していい女を演じるよりも、自分の意見や考えを言ってくれる女性のほうが安心できるのです。

  13. 一緒に学んで成長してくれること
  14. 大人になっても学ぶべきことってたくさんあります。「これは私の考えだから!」と頑固になることなく、一緒に新しいことや間違いを学んで成長していけるような女性を求めているのです。

もちろん、全ての理想が叶うことは決してありません。

あくまでも、男性の理想は…

ということですが、これは女性も共通する部分がありますね。